「突然ですが占ってもいいですか?」8/4放送分感想【占い師:星ひとみ、木下レオン、ぷりあでぃす玲奈】

占い番組

今回の「突然ですが占ってもいいですか?」(8月4日(水)放送分)は、これからの活躍が期待される若手俳優や女優が登場!
こどもの頃から芸能活動をしているからこその人生の悩みや葛藤を、人気占い師たちが読み解いていきます。

それでは「突然ですが占ってもいいですか?」(8月4日(水)放送分)の内容と感想をどうぞ〜

実は散らかし検定1級の上白石萌歌さん(占い師:星ひとみさん)

一見上品でおしとやかでしっかりしている印象がありますが、中身はわりとサバサバしている上白石さんは地球グループの大陸タイプ。イライラしているときやおなかがすいているときなど、思っていることがすぐに顔に出てしまうそうです。

また歩くたびに散らかる星が入っており、散らかしても「まあいいや、後でやろう」と片付けを後回しにして周りから怒られてしまうところはまさに「散らかし検定1級」。

家に飾っているお花の水もあまり変えず、水が濁ったり緑になったりしてしまいがちなのだそうですが、水が古くなると愛情不足になり男運が悪くなるので注意が必要と星ひとみさんに言われていました。

それからよくエゴサをしてしまう上白石さんは、何に関してもすべてを把握しておきたい人だそうです。恋愛面でも嫉妬や束縛はしないけれど相手の行動も把握しておきたいというのは、かわいい女心が垣間見えます。

役者としてはまだ60%の才能しか出ていないようですので、今度のお仕事や恋愛でさまざまな出会いをしてさらに素敵な女優さんへとなっていきそうですね。

褒められれば褒められるほど伸びる細田佳央太さん(占い師:星ひとみさん)

細田さんは、野心と希望を持ち努力さえすれば確実に大きな山になる地球グループの山脈タイプ

心の中にはおばちゃんがいて、お金を大切にしまっておく貯金好きな一面があるようです。コンビニの袋代をケチる一方、好きなものにはお金を使うようで、ポケモンカードは小学校の頃から集めているのだとか。

そして気になる女性については、占い師の星ひとみさんにマザコンの星も入っているため年上の綺麗なお姉さんに要注意と言われます。お母さんがシングルマザーだったこともあり一目惚れは絶対にしないというガードの固さがありますが、誘惑には弱い面もあるようです。そのため23歳までは恋愛せずに実家暮らしのまま仕事優先でいることを勧められます。

またとても親孝行な細田さん。お母さんとしてはもっと自由に好きなことをして楽しんでほしいと思っているようですが、芸能界でやっていけなくなってもお母さんを支えられるように大学に通っているそうです。

ただ星ひとみさんから、現実にはそこまで心配しなくても真剣に仕事に取り組めば、21、22、23歳頃に賞も獲れるほど活躍すると言われます。

誘惑に負けずに大きな仕事での活躍を楽しみにしたいですね。

輝くためにはロマンが大事な鈴木福さん(占い師:木下レオンさん)

小2ぐらいの頃にゲッターズ飯田さんに占ってもらい、20代でデブの星が回ってきて、一回落ちて30代ぐらいで再ブレイクすると言われたことがあり、戒めにしている鈴木さん。

子役の頃のかわいらしい笑顔の印象が強いですが、今はもう17歳。芸能界にいる身として、ふと思い悩む瞬間もあるようです。1歳のデビューから7歳までは芸能で成長する時期で、小学校にもあまり行けずたくさんの仕事をしていてとても大変な芸能生活をされていました。

ロマンがあるとどんどん自身の活力になり楽しくなっていくタイプで、3歳の頃から戦隊モノと仮面ライダーが大好きで「仮面ライダーになりたい」という気持ちが、芸能生活の中でも一番活力になっているそうです。

しかし、占い師の木下レオンさんからは、本来は根がとても真面目で、不安定な業界は合わないと指摘されます。本人も大丈夫かなと不安に思うことがあるようです。ただ非常に運がいい人なので、芸能界でもやっていけてしまうのだとか。

これから芸能界で活躍していくために大事なのは自分が真剣にできる仕事。そこにロマンがあれば、輝かしい未来が待っていそうです。

マイペースだけど負けず嫌いな小林星蘭さん(占い師:木下レオンさん)

マイペースで優柔不断な面がありながら、実は完璧主義で品行方正な小林さん。

きちっとした性格で、地位や名誉をすごく求めるタイプだそうです。負けず嫌いなので周りには悟られないように隠していますが、どうでもいいことでも勝ちたいといつも感じており、子役の頃から周りの子が活躍しているのを見て、「負けてられない」と思っていたそうです。

そしてとても異性にモテるタイプで、木下レオンさんから鼻の横のホクロは「結婚して不倫するホクロ」と言われます。そう言われるとドキドキしてしまいますが、そのホクロは結婚してこの人と決めたら取ってしまえばいいそうなので安心ですね。

また中二の時には、腸捻転を患って大手術の経験があります。占いでは運命として大きな病気を3回すると出ているそうですが、また大きな病気をしないためには溜め込まずに言いたいことをちゃんと人に言うことが大事なのだそうです。

今まで大変な時期や引っ越しで友達があまりできなかった時には、ファンからもらったぬいぐるみに話しかけて自分のストレスや寂しさを解消していたようですが、このぬいぐるみからはそろそろ卒業するように勧められます

相手に合わせずに人に本音を話せるようになると生きやすくなり、さらに溜め込まなくなることで痩せられるのだそうです。

【17歳高2の一人息子が父に言えなかった本音と夢】(占い師:ぷりあでぃす玲奈さん)

一般の高校2年生がお父さんと一緒に登場し、占い師のぷりあでぃす玲奈さんに占ってもらいました。

息子のゆうとさんは頭脳派で知的好奇心旺盛なタイプ。

数学の勉強でも公式の成り立ちのほうが気になってずっと考えてしまう時もあるそうです。

また心が純粋すぎるためあまり自分を出せず、中学生の時などはお父さんが決めた方針に従わなくてはならないのが大変だったことも。

お父さんはとても真面目で厳しい人ですが、仕事で大変だった時に生まれたのがこの息子さん。人生の中で一番欲しかったのが息子さんで、自分のこどもだけれども兄弟のような存在に感じてきたそうです。だからこそ自分の学生時代のようにチャランポランになってほしくないと思い、無限の愛を注ぎ、ピッタリとガードするようになったという背景がありました。

そんな厳しいお父さんに今まで言い出せなかった息子さんの夢は、プログラミングを学んでゲームを作ることです。占いによると、ゆうとさんは何かを極めると強いので、プログラミングを極めるのはとても向いているそうです。

心配するお父さんの気持ちもお察しますが、プログラミングを極めたいと思っている息子さんの夢をぜひ応援してあげてほしいですね。

今回の占い師さん

星ひとみ

巫女の血筋を持ち、幼少期から東洋占星術や人間科学などの研究を重ねて作り上げた天星術の開祖。
鑑定歴は20年以上で、多くの芸能人の過去や転機を言い当ててきました。

木下レオン

三代続く占い師の家系に生まれ、四柱推命、九星気学、神通力、帝王占術を融合して人々を占います。
自身が経営していた飲食店でお客さんを占い、「当たる!」と評判になったことから人気に火がついた占い師です。
辛口ではっきりと言いつつも、最後には愛のある言葉で開運へ導きます。

ぷりあでぃす玲奈

算命学・四柱推命・宿曜などの占いを組み合わせて鑑定します。
またゲッターズ飯田の一番弟子で、名前や生年月日から恋愛・家庭・職場事情を占う五星三心占いも得意です。

さいごに

高校生から20代前半にかけては自分についてわかってきたこともあるもののまだこれからの人生も長く、自分がどのような仕事をして人間関係を築いていくのか多くの期待と不安が入り混じる時期だと思います。

占い師さんのアドバイスによって、「どうしてうまくいかないんだろう」とひとりで抱えていた悩みが解消され、より良い人生にしていけるきっかけをみつけられるのではないでしょうか。

今回の「突然ですが占ってもいいですか?」では、自分らしく、自分の好きなことに思う存分没頭するのが成功の鍵のようでした。自分の内面に溜め込まず、思い描く未来に近づけるように思いっきり羽ばたいてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました